がん保険

女性はお得!オリックス がん保険ビリーブの評判や口コミ

オリックス生命は、大手生保会社でもあり、がん保険ランキングでも上位の人気を誇る「オリックス がん保険ビリーブ」を販売しています。

女性には少しお得な保険料の設定の他、がん保険ビリーブならではの特徴もあり、わかりやすく説明していきます!

「オリックス がん保険ビリーブ」の特徴

オリックス生命は、大手の保険会社として、ネットの新規加入者も安定して推移していることで安心感がある会社です。

がん保険ビリーブは、入院や手術などを含めて総合的にがんという病気に備えるための保険です。大きな特徴としては初回のがんと診断されたときの保障が手厚いという点です。

がんの治療を目的として入院を開始した時点で50万円の「がん治療給付金」が支給されます。

がん保険ビリーブにはがん診断給付金も保障として用意されており、治療の初期の段階で総額で150万円の給付金を受け取ることができます。

通院保障ではありませんが、がん治療を目的とした入院であれば、何度でも支払われる点に高いメリットがあると考えてよいでしょう。

通常は入院月額1万円コースが設定されています。しかし5千円コースは、50〜75歳までの方限定となっています。

  • 主契約にはがん初回診断一時金100万円
  • がん治療給付金50万円(2年に1回何度でも)
  • がん入院給付金1万円(日帰り含む何度でも)
  • がん手術給付金1回何度でも20万円
  • がん退院一時金1回何度でも10万円

となっています。特約は通算2,000万円までのがん先進医療給付金、条件により回数無制限のがん通院給付金一日1万円です。

他の同様の保険と比べてのメリット・デメリット

がん保険ビリーブは通院給付金が特約となっている点に注意してください。

日額1万円の「通院給付金」や1ヶ月あたり10万円の「抗がん剤治療給付金」、1回20万円の「放射線治療給付金」など、他社で増えている特定のがん治療に対する治療給付金はありません。

「がん」の治療は、入院が短期化しています。しかし入院そのものが激減していない限り、がん治療給付金50万円が出るため、通院による治療もある程度はカバーできます。

新しいがん治療法が出た場合は、そもそも特定のがん治療法は適用外になってしまいます。

だからこそ、がん診断の初期の時点でまとまったお金が支給される「がん保険ビリーブ」はオススメしたいがん保険です。

保険料に関しては、単価そのものがより安く設定されています。中高年の女性では30〜40%近い差があるため、女性のとってはコストパフォーマンスに優れたがん保険です。

ネットでよく聞かれる「オリックス がん保険ビリーブ」の評判・口コミ

がん保険ビリーブは、50代未満で加入するのがお得で、がん治療給付金は入院したときであれば何度でも受け取れて、治療が長引いたときでも安心です。

悪性新生物や上皮内新生物などの区別をすることなく、同額が保障されるため、がんにかかったときにお金の面で不安もありません。

がん保険ビリーブは、長期療養、がんが再発したときに大きなメリットを感じることができるがん保険です。

通院保障は特約ですが一時金が充実しているので、初めてのがん、がんにかかりにくい家系の方なら、割安な保険料により魅力のある保障内容といってもいいでしょう。

まとめ

割安な保険料でトータルでのバランスの取れた保障内容が得られる、オリックス がん保険ビリーブ。

50歳未満の若い世代の方、がんにかからない自信のある方は、早いうちに入りたいのががん保険です。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。