がん保険

メットライフ生命のがん保険・ガードエックスの口コミ・評判は?

オリコンでの人気度も高く、大手保険会社メットライフが販売しているがん保険「ガードエックス」。

「ガードエックス」はガンにおける三大治療をしっかりとサポートを行い、バランスの取れた保障内容で安心の入院・通院・治療生活が送れます!

今回はメットライフ生命の「ガードエックス」の特徴や評判・口コミについてご紹介します。

「メットライフのガードエックス」の特徴

メットライフが販売する、がん保険ガードエックスは、新型のがん保険となっており、保障内容なども今やこれからの将来を考えた魅力あるものとなっています。

基本コースを元に充実コースの保障内容を組み合わせることができます。

先進医療特約タイプ、がん入院充実タイプ、女性特定手術保障タイプなど、それぞれのニーズに合った特約を付加することで、保険料に合わせた保障内容により、無駄のない保険の内容とすることができます。

終身のがん保険として、標準的な年1回通算5または10回の100万円のがん治療給付金の支給の他、ホルモン剤治療給付金は1回10万円、がん通院をサポートする通院給付金など。

入院ではなく、通院が主流になると予想されるがん治療を考えた保険です。

もちろん入院給付金も特約として付加することができ、無駄のない保障内容にプランを変更できます。

他の同様の保険と比べてのメリット・デメリット

メットライフのがん保険ガードエックスは、他社では保障に含まれていないホルモン剤治療を行う場合にも、年1回を限度に通算10回まで10万円が支給されるため、通院や治療が長引いたときにもしっかりと対応できる保障内容です。

がん治療、がん通院、がん先進医療の他、ホルモン剤治療を保障対象に加えているために、長期にわたる通院治療を考えるなら、ガードエックスを選ぶといいでしょう。

ガードエックスはがん診断とがん治療に対する保障が特約になっている点が大きな特徴です。

通院が前提となっているだけに、全ての特約をつけると他社よりも保険料が上がってしまいます。

ガードエックスは、がん治療は入院よりも通院重視でお考えの方にオススメできる保障内容になっています。

がん診断給付金に関しては、悪性新生物によるものは1回のみ50万円、上皮内新生物の場合は、2年に1回を限度に1回25万円が、何度でも支給されます。

ガードエックスはがん診断もがん治療も初期にまとまった保険金が受け取れるため、貯蓄のない方もお金の心配をする必要がないがん保険です。

ネットでよく聞かれる「メットライフのガードエックス」の口コミ・評判

メットライフのがん保険ガードエックスは契約可能年齢が80歳までとなっており、他社よりも審査が緩くなっています。

終身保険ですので加入時期が早ければ早いほど保険料は安くなり、将来ガンの心配のある方は早めに加入すべき保険です。

がん治療給付金は他社と同額で、再発以外にも転移や継続治療などを1年以上継続している方でも受け取れるというメリットがあります。

入院日額は1万円で給付日数は無制限ですので、他社と比べても遜色はないでしょう。

オリコンランキングでも顧客満足度では上位に入っており、契約件数が多い割には苦情は少ない保険です。

基本プランは最安値ですが、入院保障をつけると結局他社よりも保険料が高くなってしまいます。

ガードエックスは掛け捨てのがん保険であり、解約返戻金や満期後の保険金はありません。終身払いしか選ぶことができません。

まとめ

メットライフのがん保険「ガードエックス」は他社と違い、入院よりも通院や在宅治療に重点を置いたがん保険です。

がん診断やがん入院に関する保障が特約になっている点に注意しておきましょう。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。