がん保険

終身型のがん保険に加入するメリット・デメリット

日本人の死亡原因として高い「がん」ですが、治療費も高く治療が長い病気としても知られています。

だからこそがん保険には加入しておきたいものです。がん保険の終身型の場合、保険の加入日時に関わらずいつでもがんと診断されたら保障してくれます。

入院・通院するなど状況に応じて給付金などもあり、終身型の保険は手厚く保障してくれるのが嬉しいです。

終身型のがん保険ってなに?

終身型のがん保険の場合、がんと診断されたら一生涯保障されます。

そもそもがん保険とは診断された時に支給される「一時金」や入院時の「入院給付金」手術が必要になった時の「手術給付金」などがあります。

よくある定期型のがん保険は5年・10年といったような一定期間が決められていて、その期日が来ると自動更新となる場合がほとんどです。

終身型の場合は加入時から一定の保険料金を保つことになり、加入時の保険料は割高ですが一定額を支払い続けることになるので保険料が上がることはありません。

がん保険には「掛け捨て」と「積立型」の2種類があり、比較的保険料を安く抑えるなら掛け捨てをオススメします。

積立型の場合はプランによって異なりますが、掛け捨ての2倍以上の保険料を払い続ける必要があります。

終身型のがん保険に加入するメリット&デメリット

終身型のがん保険に加入した場合、どのようなメリット&デメリットがあるのか比較してみましょう。終身型のがん保険には実はメリットがたくさんあるのです。

終身型のがん保険に加入するメリット

  • 保険料が一定なのでお金の管理がしやすい
  • 更新がない分、定期のがん保険よりもトータルの保険料を少なくできる
  • がん保険として生涯保険の保障期間が続く
  • 払込免除特約などの制度もあり加入することで保険料の免除を受けられる

終身型のがん保険に加入するデメリット

初期の段階から保険料が割高なので、支払いが大変だと感じることも。

終身型のがん保険の場合メリットが多く実はデメリットが少なく、生涯がんと診断された時にも安心して治療をしたい人にはオススメです。

終身型のがん保険は主に、一生涯保障してくれる保険がいい人や定期だと更新が面倒に感じてしまい一生保険料があがらないものがいい人にオススメします。

とはいえがん保険は近頃通院型のものも多くなるなど、時代の変化に応じてがんの保障内容が変わっています。

その時にあったがん保険で見直しをしたい人は定期のがん保険に加入しておき、定期的に見直しをした方がお得になる場合もありますので、希望に合わせて選ぶようにしてくださいね。

終身型のがん保険を選ぶ時の注意点とは?

終身型のがん保険には種類がたくさんあります。

どれに加入したら本当にお得になるのか、少しでも損をせずにがんをしっかりと保障してくれる保険がいいですよね。そのための選び方についてご紹介します。

免責期間

がん保険特有の注意点といえば免責期間でしょう。他の保険などは保険料の支払いが済むと保障が開始するものになっています。

保険などで「責任開始日」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。がん保険の場合は待ち期間が存在します。

所定の手続きあと保険料の払込が行われ、90日が経過した時点で保障が開始されます。

がん保険の場合はがんと診断されている、もしくは可能性があるのに保険に加入してしまい悪用されることがないように期間が作られています。

この免責期間について理解した上で加入しないと、今まで別の保険に加入していて切り替える時などに、保険が発生しない期間ができてしまいますので十分に注意してくださいね。

がんの保障範囲

がん保険の場合は、がんだけに特化しているので保障内容が手厚いのが特徴です。ただし、保険が支払われるには一定の条件をクリアしているのが必須となります。

例えばがんと診断された時に支払われる「診断給付金」は、保険の給付金の支払い回数に上限があります。

1回目肺がんと診断され、2回目に同じ肺がんだと給付対象外となってしまうこともあります。

一度診断されてから次の支払いまでに一定期間が空いていることを条件とする場合もありますので、がん保険に加入する前にどこまでの保障が効くのか確認しておき、いざという時に困ることがないようにしましょう。

終身型のがん保険はがん保険のなかでは比較的毎月の支払いが高いものなので、本当に自分が希望する内容が終身型に一致しているのか考えた上で契約しましょう。

終身型のがん保険といってもその会社ごとに保障内容が変わること、条件が異なる場合もありますのでしっかりと確認するようにしましょう。

途中で解約してしまうとせっかく高い保険を払っているのに保障が効かなくなってしまえば、がんになった時に困ってしまいます。

終身型や定期型などその人に合った保障内容で加入できるのが一番です。終身型で一生涯の保障を手に入れるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?終身型のがん保険はメリットとデメリットがあるので、加入する前に気をつけたほうが良いです。

がん保険については保険のプロであるファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。